コミュニケーションが重要

    こうしたアルツハイマーは、人間に限らず動物でも起こりうる症状です。人間も動物も、平均寿命が長くなってきた今、年...

    Readmore

    最も多い認知症疾患

    アルツハイマー型認知症は、現在わが国では血管性認知症と合わせると、認知症疾患の中で最も多いといわれています。殆...

    Readmore

    日常生活が困難に

    アルツハイマーは、連日ニュースやドキュメントなどでも取り上げられている深刻な問題です。日本人の多くが加齢ととも...

    Readmore

認知症の一つ

医師とファイル

アルツハイマーとは高齢者に良く見られる認知症の症状の一つである。
女性の高齢者に多くみられる事があります。
主な症状としては、物忘れやせん妄などの症状があり徘徊や感情失禁などの行動をとることがあります。
実際に高齢者との関わりの中で生活環境を改善していくことができますが、施設などで生活をする前に介護保険の導入をすることになります。
金額は介護保険の受給額がそれぞれの介護度により決まっている為生活を行う事が著しく困難な者は介護保険の受給額が高くなって行きます。
現在では要支援1から要介護5までの範囲で区分訳されている為なるべく高齢者を寝たきりにしたり、孤独な環境に置かないように市町村で取り組みを行っています。

認知症は昔は痴呆症と呼ばれ決して良い意味合いでは使われる事の内ものとして扱われていたのです。
実際に高齢者が施設に入ると言う事は姥捨て山に捨てると言われる表現があった位です。
しかし施設に入居をする時に措置制度から契約制度に社会の仕組みが変わって行った事により高齢者自らが入りたい施設を選ぶことが出来るようになっています。
サービスの向上のあり方も業務優先から利用者本位の考えに改められ住みやすい環境で生活をすることが出来るようになっています。
関わりを深めて行く中で認知症を緩和していくことが分かるようになり生活の習慣化などを見直しケアプランの作成を元に利用者の生活をより良い物にする為に生活の中で治療を行って行くことが出来るようになってきているのです。

アルツハイマーのように認知症の進行を予防する薬等が出来てきて今現在使われていますが治療薬の開発と共により効果の高い物が市場に出回ってくると考えられます。
完全に治すことは難しく不可能に近い病気の一つとしてあげられていますが、今後は副作用も少なくなり効果の高い物が使われていくと考えられます。
施設に入ることが出来ずに待機をしている認知症高齢者の数はまだ現状で解決をするまでに至ることがなく、まだ待機をしている認知症高齢者が多く生活をしています。
在宅復帰をベースに自立支援を行い高齢者が本来のあるべき生活環境にもどり個人としてふさわしい生活環境の提供がメインになって行くと思います。
家族の負担をなるべく軽減するように配慮を行って行くことが介護職の今後も継続していく目的になるのです。

オススメリンク

最も多い認知症疾患

アルツハイマー型認知症は、現在わが国では血管性認知症と合わせ…Read more

コミュニケーションが重要

こうしたアルツハイマーは、人間に限らず動物でも起こりうる症状…Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年4月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930